#14 スケルトントラップの作り方~水流エレベーター式~



こんにちわ~、
HIYORIです。

今日は遂にスケルトンスポナーを使ってトラップを作っていきます♪


スポナートラップ 材料

  • スポナー 1個 ※
  • 水バケツ 2個~
  • 看板  15枚程度
  • ガラス (お好みで適量)
  • ホッパー 1個~
  • チェスト 2個~
  • ハーフブロック 少々
※スポナーは取り外し不可なので、見つけた所に作りましょう。


今回HIYORIが使ったアイテムです。
独断と偏見なので参考までにどうぞ(´∀`*)


スポナーの湧き範囲


 

スポナーを中心として、高さが上下に+2マス、範囲は縦横+4マスです。

つまりスポナーを含めると縦9×横9×高さ5の範囲にモンスターが湧きます。

そんな訳で見つけたスポナーも最大限に湧いてもらうために、周囲をこのサイズに掘っていきます(´∀`*)


 

まず、スポナーの上は湧いて欲しく無いのでハーフブロックをおいてきます。

ここにモンスターが湧くと降りて来ないので、溜まってしまうんです(ノД`)

モンスターが湧く最大数が決まってるので、あらかじめ溜らないよう予防しておきます。


   

縦9×横9×高さ5で掘ったところです。
ものものしさ(?)を出す為に壁も丸石に張替えました。

この時、壁にも松明付けて明るくしておかないとモンスターが湧くので気を付けて下さい(´・∀・`)ノ

トラップの仕組み


このトラップですが、まず部屋の中に湧いたスケルトンを水流で流して1箇所に集めます。

そのままエレベーターで上層に送ってから、突き落とします((((;゚Д゚))))ガクガク

でも大丈夫。まだ生きてます(´∀`*)




トドメは自分で刺しましょう(笑)

つまり瀕死の落下ダメージを与えておいて、トドメの一撃を与える事で簡単に経験値を手に入れようって趣旨です。



水流エレベーターの作り方

まず先程作った部屋のどの角にモンスターを集めるか決めましょう。

集めた所にエレベーターを作るので、処理層もその付近になります。



決まったら隣接する壁を深さ2マスで掘ります。
右でも左でもどっちでもOK。





 

更にエレベーターを作る方の端が低くなる様に真ん中あたりから更に一段掘り下げます。この図だと右側にエレベーターを作ります。
これは水を流した時に端まで届くようにするためなので適当で大丈夫です。




 

続いて低くした壁側を2×2マスで掘ります。
突き当たりは上に真っ直ぐ掘ります。ここがエレベーターになります。

洞窟内とかに出た場合も周りをブロックで囲っておきましょう。
一部をガラスにするとエレベーターを登っていくモンスターを眺める事ができます(´∀`*)


 

エレベーターはこんな風に看板と水を順番に設置すると窒息しないで登っていってくれます。

看板で水をせき止める事が出来るってゆうマイクラ七不思議。



 

黄色のブロックが看板(のつもり)です。

問題は積み上げる高さなんですが、モンスターが瀕死になる高さは21.5ブロックらしいです。
どこに落とすかによって変わって来ますが、スポーン部屋と同じ高さに落とすなら純粋に縦一列分の看板が13枚必要になります。
実際はエレベーター入口と落下口(後述)に1枚ずつ必要なので合計15枚あればOK~(´∀`*)

落下地点によって微調整してみて下さい♪

では、ありったけの水を持っていざエレベーター作りに行ってきます!


 

まず、入口部分は斜めに看板を貼ります。


 

続いてエレベーター内に1マス開けて貼ります。



看板と看板の間にバケツで水をいれましょう。
こんな風にせき止めてくれます。

  

あとは交互に積み重ねて行きましょう。
HIYORIは隣にもう1マス足場を掘りながらやってます。
(不要になったら埋めて下さいね♪)

水が足りなくなったらエレベーターを下って取りに行けますが、足場と同じ高さが水の時に行かないと足場に戻れなくなるので気をつけてください(´・∀・`)

  

十分な高さまで積み上げたら、横に通路を作ります。
通路の先が落下地点です。
落とし穴に水が入って来ないように看板を貼ります。


----- 7/24追記 -----

落とし穴の距離をスポナーから10マス程度離したところに設置したほうがモンスターの湧きが良くなります。
詳しくは水流エレベーター式トラップ【改】~ゾンビVer~もご覧くださいm(_ _)m

-------------------------


 

あとは下に向って落とし穴を掘っていきます。
ここでマスを数えてもいいかも(´∀`*)
22マス掘って下さい。



はい、開通~!


実はHIYORIは落下地点を予測してたのであらかじめ少し掘って準備してました(´>∀<`)ゝ

画面左のハシゴは万が一高所から落下してしまった時の保険で付けておきましたが必要なかったみたい(笑)


処理層の作り方


 

自分でアイテムを回収する人は無くてもOKですが、有ると便利なのがこれ、ホッパー( ´ ▽ ` )ノ
これは上に落ちたアイテムを吸収し接続されたアイテムに送ってくれます。

チェストに接続すると、ホッパーの上に落ちたアイテムは自動的にチェストに収納されます♪

とゆう訳でモンスターの落下地点にホッパーを仕込みましょう。

 

HIYORIは地下に簡易倉庫を作ろうと思うので、落下地点を2マス掘り下げて、チェストをおきました。

ホッパーの手前にチェストを置くと地上から開けられます。

ホッパーの置き方は、ホッパーを手に持ったまま接続したいアイテムをタップすればOKです。
ただそのままだとチェストが開くだけで設置出来ないので、スニークモードになると設置できます。
(スニークモードは十字キーの真ん中を2回タップです)


 

さらに、こんなふうにホッパーとチェストを接続していくと下から順にどんどんアイテムを詰めていってくれます。

ホッパーの下の尖った部分が向いてる方が接続先です。

まぁでもこんなに要らなかったかな……(笑)

あと、チェストの真上に立方体のブロックを置くとチェストが開かなくなるので、ハーフブロックで蓋をします。

また、このままだと落とし穴の高さが22マスになってるのでホッパーの上にもハーフブロックを載せて21.5マスにします。

 

周りにアイテムとか散らばらない様に囲います。
(この下にホッパーが入ってます)

落とし穴は一番下の0.5の隙間を残して壁を作っておきます。



湧き層の完成


無事にエレベーターが完成したら湧き層に水を流して完成です。



まず2マス掘り下げた所にエレベーターと反対側から、エレベーターに流れて行くように水を流します。

スケルトンスポナー 

続いてスポーン部屋の、溝と反対側の壁から溝に流れて行くように水を流します。

水源は1マス置きに置いていけばOKです。

この際に松明も外して行きますので、モンスターの攻撃に注意してください。
流されたらモンスターと同じ運命を辿ります(ノД`)

HIYORIはスイッチでON/OFFが出来る照明を付けました。
長くなったので次の記事でご紹介します(´・∀・`)

  

水源が設置出来たら、スポーン部屋も塞いでしまってOKです。

ここも一部をガラスにすると中が覗けます♪

 

後でもうちょっと整えますがひとまずこんな感じ~。
中央がエレベーターで右がスポーン部屋、左が処理層です。


トラップの使い方

  

待機してるとモンスターが落ちてきてこちらを睨んでますので
   

下のちょっと空いた隙間から殴ればOK~。




アイテムも問題なく回収出来てました。




では本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。
またね( ´ ▽ ` )ノ




1日1クリックよろしくお願いします(*__)